ドラマ

仮面ライダージオウ10話あらすじ感想!火野映司の名言と11話で佐野岳登場!

仮面ライダージオウ10話 あらすじ感想!-min

こんにちは、ちむちむです!

仮面ライダージオウ10話『タカとトラとバッタ2010』が放送されました。

1週空いての放送だったので待ってました!って感じでしたよね(*’ω’*)

今回は仮面ライダージオウ10話のあらすじと感想を書いていきたいと思います。

私は仮面ライダージオウから見始めた仮面ライダー初心者です(;’∀’)

もしかしたら見当違いなことも書いているかもしれませんが、温かく見守ってください!

そしてなにか間違っていたり気が付いたことがあれば、教えてください(^^)

仮面ライダージオウ10話のあらすじ

壇黎斗の命令で囚われてしまった泉比奈。

連れてこられたのは扉に鍵のかかった部屋。

そこにいたのは国会議員の火野映司。

『泉比奈って言います。あなたはテレビみたことがある』

『とにかくここからでないと!俺にはやらないといけないことがある』

泉陽菜は怪力の持ち主。

鍵のかかった重たい扉を力でこじ開けた。

ソウゴはその様子を遠くから見ていた。

ソウゴのもとにウォズが現れ

『あの男もまた王の資格を持つもの』

とソウゴに告げた。

『わかるよ!なんか すごい力を感じる!』

ソウゴも映司になにかを感じていた。

映司は壇黎斗のもとに向かう。

ソウゴも後を追いかけてきた。

『みんなこの王様を止めるっていうけど、この王様が何をしようとしてるのかわかってるのかな?』

『王様は何がしたいの?』

すると壇黎斗は

『すべての民を私のもとにひざまずかせる!壇黎斗大王になる!』

と大声で言った。

『それだけ?』

ソウゴはとりあえず王の勉強をするため、壇黎斗の言うことを聞き

映司のことを縄で縛った。

『ねぇ。あんたも王様になりたいんでしょ?』

『王様?おれはちょっとのお金とと明日のパンツがあればそれでいい』

そう言った。

ツクヨミはゲイツの治療をしていた。

『これで分かっただろ、あいつは魔王になる』

『ソウゴ、どうしてあんなことを・・・。』

『俺が甘かった。この時代にきて、もしかしたらあいつは魔王にはならないんじゃないかと思い始めていたが、違ったな』

そういい残して、部屋を出て行ってしまった。

ソウゴにゲイツから連絡が入った。

ソウゴがゲイツのもとに向かうと、ゲイツは変身し戦闘態勢になっていた。

ソウゴも変身して応戦する。

再び戦う2人。

ソウゴは王様の本質を知ろうと考えていた。

王様側の気持ちを知ることで民を守る方法を知ろうとしていた。

ソウゴはまたゲイツを押しのけ力の差を見せた。

戦いの後、ソウゴは火野映司の縄をほどいた。

『さっきはごめんね!』

『君も王様になりたいの?』

『生まれた時から王様になる気がしてた』

そして火野映司からアドバイスを受ける。

『どんなに助けたくても。一人では助けられない命もある』

『俺はたくさんの人とてをつなぎたいと思ってるんだ。』

『俺、あんたのこと好きだな』

その会話を聞いていた壇黎斗。

するとソウゴは壇黎斗に質問した。

『王様!あんた人と手をつなぎたいと思う?』

『ばかな、下等な人間どもが私に触れることなど許されぬ』

『魔王って言われる人間がどんな人か知りたかったんだ』

ソウゴが裏切ったことでアナザーオーズに変身した壇黎斗。

日野映司は持っていたライドウォッチをソウゴに渡した。

ソウゴはアナザーオーズに変身した壇黎斗と戦う姿勢を見せた。

『悪い魔王は倒さないとね!それがいい魔王の仕事!』

ソウゴは変身しアナザーオーズと戦い始める。

そこに助っ人としてあらわあれるタイムジャッカーのオーラ。

押され気味ソウゴ。

そこへ、ゲイツが協力しに来てくれた。

『お前は2010年にいけ!』

タイムマジーンに乗ったジオウとツクヨミをオーラのロボットが攻撃してくる。

ジオウは映司にもらったライドウォッチを使いタイムマジーンごとダジャドルモードに変身!

ジオウはオーラとタイムマジーンでバトルに勝ち、ツクヨミとともにそのまま2010年に向かった。

2010年に向かうジオウに

『さよならだ、ジオウ』とつぶやくゲイツだった。

団黒とはアナザーオーズになって父親の命を奪っていたことを知ったソウゴ。

2010年でウールからオーズの力を授けられた壇黎斗とバトルを始めた。

『ハッピーバースデー!祝え!また一つ王たるライダーの力を継承した瞬間である』

オーズアーマーに変身しアナザーオーズと戦いを続けるジオウ

『同じ時代に王は2人いらない!』

『王を選ぶのはあんたじゃない!』

『おれだ!って言いたいけど・・・。ツクヨミやゲイツこの時代に生きるすべての民だ!』

そしてアナザーオーズを倒した。

家に帰るとゲイツは荷物をまとめて家を出て行ってしまっていた。

『思い出せ、俺はやつの仲間でもなんでもない!俺はオーマジオウを倒すためにこの時代に来た』

家を出て行ったゲイツを遠くから眺めて、不敵な笑みを浮かべるオーラだった。

仮面ライダージオウ10話の感想


壇黎斗さん、ものすごい存在感でした(*’ω’*)

もっと見てたかった!

あと今週のウォズは王の誕生を祝う際に『ハッピーバースデー』という表現を使ってきました(笑)

まじめに心から言ってるのかと思うと本当に笑えます(笑)

このハッピーバースデーという表現は、仮面ライダーオーズに登場する鴻上光生(宇梶剛士)の口癖ということです!

コメントで教えていただきました(^o^)

オーズの細かな部分まで取り入れられていた回だったんですね!

ゲイツはちょこっとだけジオウのこと信用し始めてた部分があったから、ちょっと寂しい気持ちもあったんでしょうね。

オーラがなにやら企んでいたから、うまく使われないように気を付けてほしいです。

あと、火野映司の名言『ちょっとのお金と明日のパンツがあればいい』が登場して、オーズファンはとっても沸いていました(^^)/

仮面ライダージオウは過去の作品のファンも一緒に楽しめるところが人気の秘密ですよね!

来週は仮面ライダー鎧武の佐野岳さんと小林豊さんが登場します!!


佐野岳さんがでてくれるとは!!

佐野岳さんも今や人気俳優さんで忙しいと思うので、まさか出演するとは思わなかったです( ゚Д゚)

楽しみですね♪

※追記

タイムマジーンに乗って変身した際のライドウォッチはダジャドルモードになるためのものだったと、コメントで教えていただきました!

私は仮面ライダージオウから見始めた初心者なので、こうやってコメントでいろいろ教えてもらえると嬉しいです(^^)

ありがとうございます!

さいごに

1週空いての仮面ライダージオウでしたが、やっぱり日曜の朝は仮面ライダーで始まりたいって感じました(*’▽’)

歴代のオリジナルライダーが登場するし、本当に見ごたえありますね!

今までの仮面ライダーを知らなくても楽しめるし、本当に見始めてよかったです(^^)

POSTED COMMENT

  1. アバター Wから より:

    タイムマジーンのタジャドルモードの部分は端折っちゃダメなとこですよ!

    • ちむちむ ちむちむ より:

      コメントありがとうございます!!
      私、仮面ライダージオウから見始めた初心者なので、オーズのキャラクターやあの鳥さんの名前などがわかりませんでした(;’∀’)
      いつもと違うライドウォッチだなとは思ったんですが、ダジャドルモードっていうですね!
      確かに顔が変わったりして、ゲイツも突っ込んでました!
      すみません(>_<)端折ってしまいました(汗) 私、本当に初心者なのでまた何かあったら教えてください(^^)

  2. アバター MOP より:

    happybirthday!はオーズのレギュラー鴻上さんの口癖でした。
    ウォズが踏襲してくれて嬉しかったです。

    • ちむちむ ちむちむ より:

      コメントありがとうございます!
      「ハッピーバースデー!」にはそんな意味が込められていたんですね(^^)!
      私は仮面ライダーについては初心者で知らないことだらけなんすが、こうやってコメントで教えていただけて勉強になります!
      本文にも追記させていただきます(^o^)
      また、なにか気づいたことがあれば教えてください(^^)

  3. アバター より:

    あ。フィードバックしていただき、ありがとうございます^^
    私もWからエグゼイドはかい摘んで観ていただけなので、詳しくはありません。ディケイド以前はまったくなので、ちむちむさんといっしょに過去のライダーの勉強をしてる身です。
    今後の記事も楽しみにしています!

    • ちむちむ ちむちむ より:

      こちらこそ、コメントいただいてありがとうございます(^0^)
      平成ライダーはジオウも含めて20作品あるということで、全部を今から勉強するとなるとジオウの放送が終わってしまいそうです(^0^;)
      これからもジオウを楽しんでいきたいと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。