ドラマ

獣になれない私たち4話あらすじ感想は恒星と晶が急接近?だんだん複雑になってきた!

だんだん複雑になってきた!

こんにちは!

「獣になれない私たち」4話が放送されました!(*^o^*)

3話では、恒星の兄の話が明かされ、5tap1周年記念の時に晶を誘った理由も分かりましたね!

恒星と晶の距離が近づいたのを感じられました!

そして最後に呉羽が京谷にキスをして終わり、4話が待ち遠しかった人も多かったのではないでしょうか!?

私もめちゃくちゃ気になり1週間が待ち遠しかったです!

今回は、「獣になれない私たち」4話のあらすじや感想を書いていきたいと思います!

獣になれない私たち4話あらすじ

京谷と喧嘩し、恒星に見送られ帰宅した晶は、京谷に謝罪のメッセージを送る。

メッセージの通知が鳴る携帯は、シャワーの音が鳴り響く見知らぬ部屋の床にあった。

翌朝、出社する京谷に後輩が問いかける。

「二日酔いですか?シャツとネクタイ昨日と同じですよね。」

痛いところを指摘される京谷は動揺しつつもごまかす。

上司から唐突に晶に連絡をしてくれとお願いされ、気まずくてできないとは言えない京谷は渋々鞄の中から携帯を探すが、携帯を忘れた事に気付く。

会計士としてある会社に出向いている恒星には、なにやら怪しい陰。

トイレから出てきた恒星が部屋に入ろうとしたところ、ドアにメモが挟まれていた。

そのメモには、「経理部の人間が何年も着服している3000万以上」と書かれていた。

名前も書かれていないことから、いたずらな狂言と判断した恒星はそのメモを無視した。

出社した晶に、営業の上野が話しかける。

”ゴーヤ”をつかった新企画の発案のため、晶にゴーヤ商品を食べて欲しいとお願いする上野。

ゴーヤ飯、ゴーヤ菓子とたくさん取り寄せた上野だが、自身はゴーヤが嫌いで食べられない。

やる気に満ちている上野の気持ちを無下にもできず晶は大量のゴーヤ商品を家に持ち帰ることになった。

朱里は派遣社員の面接にきていた。

朝早いのも、長距離通勤も、電話対応業務もダメと話す朱里に、面接官もお手上げ状態。

過去の学歴や経歴からブライダル業界を進められ、遠回しに断られてしまう。

5tapの電話がなり、留守番を任されていたラーメン屋の岡持が電話をとった。

岡持がとった電話は京谷からだった。

京谷は5tapに携帯を忘れたと思い5tapへ電話を入れたのだった。

そこへ恒星が訪れ、続いて買い物に出向いていたマスターも返ってくる。

岡持が電話の内容をマスターに話すと、マスターは昨晩、酔っ払った京谷を呉羽がタクシーで送っていたことを恒星に話す。

すると恒星はとても驚いた様子で何度も「(あの)呉羽が?」と言う。

京谷は会社終わりに自宅に帰ると、居間では紙にペンを走らせる朱里がいた。

京谷は履歴書を書いているのかと思い、舞い上がったが、朱里は幸せになった元同僚を妬み、不幸の手紙を綴っていただけだった。

京谷は怒ったが、自分の過ちを思い出しそれ以上説教することもできなかった。

5tapに訪れた晶は、京谷が携帯をどこかに忘れたことや、昨晩呉羽と京谷が一緒に帰ったことを知る。

先に店にきていた恒星が呉羽に電話をかけ、呉羽が携帯を所持していたことを確認する。

翌日呉羽の店に晶が出向いて携帯を預かることを約束した。

昨晩の不祥事をマスターに謝罪し店を後にする晶。

それを見た恒星は「イライラする。ぶっ壊せばいいのに。」とつぶやく。

次の日、呉羽のもとに訪れた晶。

呉羽の店はオープン祝いで賑わい、シャンパンを片手に語る2人。

晶に携帯を渡した直後、呉羽は突然

「普通だったよ。やってみたけど。」

と晶に話す。

晶はわけが分からず頭に?を浮かべる。

呉羽は悪びれることもなく、昨晩京谷と関係をもったことを晶に話した

事実を知り理解した晶は、恒星の事務所に押しかける。

気が動転している晶をみて、現状を理解した恒星。

恒星は晶をなだめ、呉羽の発言を狂言だと言ってごまかす。

恒星は呉羽のもとに行き、どうして京谷と関係をもったのか呉羽に問いただす。

呉羽は動揺することもなく、晶のために確かめただけ、いい体していた京谷に興味があったと明かす。

呆れる恒星に呉羽は話を変える。

会社を経営している旦那が税理士を探しているから手伝ってくれと伝える。

その発言に恒星の方が動揺した。

そんなとき、京谷母から晶に電話が入る。

いまだに京谷と連絡がとれないことを心配していた。

晶の家に京谷がいることを伝え、連絡させることを約束し電話を切る。

電話をしていた京谷母の家には、京谷の兄夫婦がいた。

京谷の兄は母に、父の介護について意見していたのだった。

施設に入れたくない母と、施設に入れたい京谷兄が対立している様子がそこにはあった。

晶がゴーヤ商品を抱えて家に帰ると、体育座りでテレビを観ている京谷が待っていた。

晶は京谷に何事もなかったように携帯を渡す。

最初は、携帯は店にあったと伝えていた晶。

京谷の反応を見て何を思ったのか、携帯を持っていたのは呉羽だと明かす。

晶の心境を察した京谷は、呉羽との関係をもったことを暴露する。

京谷の口から事実を聞いた晶は、それを受け入れたくない一心で家を飛び出した。

飛び出した先は5tap。

ちょうどそこには恒星もきていた。

恒星は晶の手に持っているものは何かと聞いた。

飛び出した際に手に持っていたゴーヤ麺をそのまま持ってきて閉まっていたことに気付いた晶は、それを鞄にしまった。

2人並んで5tapでビールを飲んでいる最中、晶の携帯には出張しているはずの九十九社長からたくさんのメッセージがきていた。晶は無視していたが、恒星は勝手に携帯をいじり電源を切る。

酔った勢いで恒星に愚痴る晶に、恒星は「タップ5(バーレーワイン)」を注文する。

バーレーは大麦を贅沢につかったワイン風の高アルコールビールと説明する齋藤。

「馬鹿になれたら楽なのに」とつぶやく晶。

続けて恒星に「馬鹿になります?」と問う。

恒星の家(事務所)にきた恒星と晶。

寄り添う2人。

キスをしようとする恒星を止める晶。

二人はベッドに腰掛け、ウイスキー片手にお互いの愚痴を語る。

恒星は再度、晶にキスを迫るが、晶は「やめとく」と制す。

それでもスキンシップをはかる恒星だが途中で寝てしまい、晶は笑う。

朝、岡持が恒星の事務所にやってきて、恒星は無理矢理起こされる。

隣には晶の姿はなく、ベッド横の机には空になったウイスキーの瓶と、晶が置いていったゴーヤ麺。

5tapでビールを飲む恒星と岡持。

そこに京谷が訪れる。

晶が昨晩店に来ていなかったかとマスターに聞く。

答えようとするマスターを恒星は遮り、「きてなかった」と嘘をつく。

「そっか」とつぶやく京谷の横で恒星は、晶が部屋に置いていったゴーヤ麺を京谷の目の前でマスターに差し出す。

晶の家にゴーヤ麺があったことを知っている京谷は、恒星が嘘をついたことを感づき、晶が店に来ていたのかを改めて聞く。

すると恒星は意地悪に、店ではなく恒星の家にきていたと語る。

煽る恒星を京谷は殴った。

一方、朱里がいる京谷の自宅には、突然晶が訪れる。

晶は笑顔を浮かべ朱里にウサギのおやつを手渡す。

晶は朱里に会いに来ていたその目的とは・・・。

広告

獣になれない私たち4話の感想

呉羽と京谷、やっぱりそういう展開でしたね~!

呉羽の悪びれることもなく、素直なところ結構好きです!

晶のためと言っていたけど、京谷の体格が好みだっかからというのが理由の8割のようなニュアンスでした(^^;)

京谷はさぞご乱心だったようですが、現状以上に事を荒立てるようなことをして、本当に馬鹿だな~と観ていました(笑)

それにしても、京谷の後輩の勘の良さすごいですよね。

観察力があるというか、隠し事出来なさそうです。

事実を知った晶は、どうしようもなくかわいそうでしたね。

浮気をさせる方が悪いとはよく言うもんですけど、京谷をなんだかんだ切り離せない晶に甘えてしまっていた部分が大きいのは確かです。

二人の関係は一体どうなることか。

1話のとき恒星が晶に言った「馬鹿になればいいのに」という言葉を思い出して、「馬鹿になります?」という誘い文句。

心拍数が上がりました(゚ロ゚)

野球中継で放送時間が遅くなってよかったんじゃないかなってくらい、大人な展開でした!

ベッドの上で恒星と晶がいい雰囲気になったところで恒星が寝るというオチは素晴らしかったです。

まだそこまで発展しないで欲しい!という思いがあったのでよかったと安堵しました(*^o^*)

恒星が昼過ぎに起きて、岡持連れて行った先が5tap。

この人ずっと酒飲んでるな・・・って思いました(笑)

京谷に対して意地悪を言う恒星が少し可愛かったですね(^_^)

そしてふいに出てきたゴーヤ麺、良い活躍しています!!

また、話の途中にあった京谷母の家での介護問題。

これも気になりますね(;_;)

どこの家庭にもありそうな難しい話ですが、どういった展開になるのでしょうか。

恒星が請け負っている監査の問題も、後に大事になりそうな予感です。

この辺は専門的な事案っぽいので、見応えありそうですね。

最後に、朱里の前に現れた晶。

一体どんな目的で会いに来たのか。

目の敵にしている朱里に対してウサギのおやつを差し入れに会いにいくという晶の行動はとっても気になりますね。

朱里に関しては、就活する姿勢も見えてきて、朱里に対する期待も膨らみます!

https://chimu2-life.com/kemonare5kansou-6746

さいごに

恒星と晶の急接近に悲鳴が上がりそうです!

また、朱里と晶の初と思われる対面、ドキドキしますね!

このドラマ、穏やかに終わらないところずるいな~!(^^;)

5話をまた楽しみにします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。