ドラマ

ゼロ一獲千金ゲーム8話の魔女の館の答えを原作からネタバレ!間違えて混乱?

こんにちは、ちむちむです!

ゼロ一獲千金ゲーム8話では『魔女の館』というゲームが始まります。

今回は『魔女の館』の答えを原作からネタバレしていこうと思います!

※ドラマでは2問目でクリアしたことになっていました!

ゼロ一獲千金ゲーム 原作から魔女の館をネタバレ!

魔女の館は密室で行われる

『魔女の館』に参加するのは全部で21人

ゲームをクリアできたらリングを1人1個もらうことができます。(21個のリングを獲得できる)

失敗した場合は命を奪われます。

このゲームは参加者たち同士が揉めたり争いが起きやすいように、あえて大人数で行うように仕組まれていました。

ゲームは魔女の館の2階部分で行われます

部屋の中には大きな画面のテレビと筆記用具が用意されていて、これらを使用しながら問題を解いていきます。

中央には魔女の像が置いてあり、とっても不気味。

21人が全員部屋に入った所で出入り口が封鎖されました。

すると何の説明もなく電光掲示板がカウントをはじます。

表示されている時間は25分。

つまりこのゲームの制限時間は25分ということ。

そして魔女の像の口から2枚の紙(魔女通信なるもの)が出てきました。

魔女通信の内容

1枚目

まず、皆さんに

死んでもらいますね。

それが基本。

逃れたかったら

この部屋に

埋め込まれた見えない暗号

呪いを解いて。

道を誤れば、死。

2枚目

正しい道には

兵隊が砲丸の

左に1人、右に11人

並んでいて

砲丸の9番目と10番目が

このままでは「4」「2」

って事なの。

それが今

この部屋の運命

チャンスは2回。

100分の2。

説明もなしにいきなり始まってしまうのが怖いですよね(;_;)

ゼロが間違える!?

魔女の像に答えを入力できる装置を見つけたゼロは答えを考え始めます。

”砲丸の右9番目と10番目がこのままでは「4」「2」ってことなの”

4(し)2(に)という語呂合わせになるので、このままではみんな命がなくなってしまうということになります。

部屋の壁一面に並べられていてる兵隊には頭に番号が付けられていました。

しかしゼロはこの番号を、ゼロたち参加者を惑わせるためのカモフラージュであると推測。

本来の答えから遠ざけるためにあえて目立つように仕掛けられている罠ということですね。

この兵隊の番号がカモフラージュならば、本当の暗号はなんなのか考えるゼロ。

なにかをひらめいたゼロは参加者たちに両手を広げてもらい、壁の端から端までの距離を割り出します。

両手を広げて、指から指までの距離はその人の身長とほぼ同じになると言われていますよね!

それを利用して部屋の長さを測ったんです。

その数字を元に計算すると、魔女の館の部屋が正方形で1辺が√2であることがわかりました。

√2は1.41421356(一夜一夜に人見頃)で覚えたことがある人もいますよね(*´∀`*)?

”砲丸の右9番目と10番目”というのは

  • 砲丸=.(小数点)
  • 兵隊=数字
  • 右9番目と10番目=小数点から9番目と10番目の数字

を表していることに気が付きました。

”兵隊が砲丸の左に1人、右に11人”というのも

左の兵隊→1.41421356←右の兵隊

ということ。

図を書いてみたのですが

こんなイメージですね。

右の兵隊が11人と書いてあるので1.41421356のあとに続く9番目と10番目の数字を導き出さないと正解できないのです。

そうこうしているうちに時間が経過し壁からたくさんのヤリが突き出してきました。

正解しなかった場合は串刺しになってしまうのです(汗)

周りの参加者たちは語呂合わせで導き出した答えが正解と言い出したりして、それをなだめるのに一苦労。

ゼロは√2の9番目と10番目の数字を割り出し、「2」「3」という答えにたどり着きます。

そして答えを入力しますが・・・

不正解!!!

ゼロが不正解したことで他の参加者たちがパニックになり収集がつかなくなって、ゼロに襲いかかってくる奴も出てきました(;・∀・)

他の参加者たちから暴力を受けながらも懸命に正解を考えるゼロ。

ちむちむ
ちむちむ
おい、他の参加者たち、問題解こうとしてる人にその態度はないでしょ(汗)

魔女通信に隠し文字があった

魔女通信の中に文字が隠されていた文字に気がついたゼロ。

”10番目の右の死者の誤入がカギ”と書かれています。

1.41421356237の10番目の右側(つまり11桁目)を四捨五入(死者の誤入)して

9番目と10番目に来る数字が正解。

ということは1.41421356237を四捨五入で1.4142135624になるので

答えは「24」

語呂合わせで「不(2)死(4)」

「24」と入力すると今度は正解でした!

喜んだのもつかの間、今度は部屋に用意されていたテレビ画面にたくさんの矢が映し出され、セットされた音がするのでした。

まだゲームは終わってない(TдT)

魔女の館 第2問

また魔女通信が出てきました。

1枚目

おめでとう。

そう、「24」が正解。

よくたどり着いたわ。

素晴らしい。

でも、まだまだ

皆さんには

死んでもらいますね。

2枚目

さて、みなさんが

たどり着いた「24」

そして、皆さんの人数「21」

実はこの二つには

ちょっとした関係があるの。

さて

どんな関係かしら?

その答えが自ずと

生き残りのカギネ

抱きしめてあげる。

数字の2と書かれた魔女の像の頭が割れて解答ボードが出てきました。

制限時間は5分。

解答ボードには数字が書かれていたけどこれはカモフラージュと推測するゼロ。

魔女通信をなんども見直し「カギネ」の文字に汚れで濁点がついているだけで、本当は「カキネ」ということに気が付きます。

ゼロはみんなに声をかけ、鉄板で垣根を作るように指示!

やっぱり解答ボードの数字はカモフラージュで、垣根を作り矢から身を守るというのが正解でした。

魔女の館 第3問

2問目で矢をかわしたゼロたちにさらなる問題が出されます。

私の求刑は死刑。

しかし

司法の判決は無罪。

そんなもの誤報。

誤報だから死ね。

最後の最後

誤報が皆さんを

殺しますね。

お楽しみに。

3問目の魔女通信は1枚だけ。

制限時間は3分。

1問目は槍、2問目は矢、3問目は何で攻撃してくるのかわかりません。

ゼロは

司法→四方
誤報→五方

のことだと判断し今度は上からの攻撃に備えるように参加者たちに指示をします。

でもここにきて、ゼロを信用できない人が現れて言うことを聞きません。

そこでゼロは、まずみんなで鉄板を持って丸い形になり横からの攻撃に備えて、もしも上になにかしらの変化があれば鉄板を頭の上にかぶせて上からの攻撃を防御することを提案。

天井が開き、攻撃されると思ったら降ってきたのはロープ。

実は「五方」というのは上ではなく下だったのです。

みんなにロープへつかまるように叫んだゼロ。

床が抜け始め下には落ちたら突き刺さって命を落とすような仕掛けが作られていました。

ちむちむ
ちむちむ
床が抜ける仕掛けがあったから2階で行われたんだ!

床は抜けましたが、みんなロープにつかまり全員助かることができました。

ちなみにさくらは落ちかけてしまうけど、ゼロの足にしがみついて無事(笑)

誤報というのは間違った情報「上からの攻撃」に惑わされるとダメ、「五方向」は上ではなく下、という2つの意味を持っている言葉だったのでした。

3問目でゲームは終了。

ゼロと参加者たち21人は全員生きてクリアすることができました。

広告

さいごに

魔女の館も複雑なゲームでしたね(汗)

計算力というよりは謎解きの要素が強い感じがしました。

それにしてもとっさに色んなことに考えを巡らせて、瞬時に答えを導き出せるゼロって本当に天才ですよね(;・∀・)

ドラマではどのように魔女の館が再現されるのか楽しみですね!

もしかしたらオリジナルの展開もあるかもしれないし、しっかり観ておこうと思います(*´∀`*)

※ドラマでは2問目までてクリアになっていました!

もしかしたら8話だけで魔女の館は終了して、いよいよNEWSの小山慶一郎さんが登場するのかも!

https://chimu2-life.com/zero7minogachi-3812

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。