ドラマ

海獣の子供【映画】アングラード役は森崎ウィン!歌手でハーフなの?

こんにちは、ちむちむです!

アニメ映画『海獣の子供』に森崎ウィンさんが声優として出演されます。

主題歌は米津玄師さんということでも話題の作品ですね!!

森崎ウィンさんはダンスボーカルユニット『PrizmaX』のメンバーなのですが、俳優としても活躍中なんです!

今回は『ハゲタカ』7話に登場するベンチャー企業の社長『天宮光一』を演じる森崎ウィンさんについてプロフィールや過去の出演作品などを調べてみました!

森崎ウィンのプロフィール

名前:森崎ウィン(もりさき うぃん)
生年月日:1990年8月20日
身長:174cm
血液型:O型
出身地:ミャンマー

森崎ウィンさんは1990年生まれの27歳(2018年8月21日現在)

ミャンマーで生まれた森崎さんはご両親の仕事の関係で小学4年生の時に日本にやってきました。

両親がミャンマーの方なので、森崎さんはハーフではなくミャンマー人ということですね!

日本人ぽい顔立ちをされているのでハーフかと思っていましたが、違ってびっくり(・o・)

『ウィン』という名前はおばあちゃんがつけてくれた名前なんですって!

ちなみに『ウィン』はミャンマー語で『明るい』という意味があるそうですよ(*´∀`*)

辛い食べ物が大好きで、蒙古タンメン中本の一番カラい『北極ラーメン』を2倍の辛さにして注文した後、さらに唐辛子をかけて食べるというから驚き(゚Д゚)

そんなにからいものをたくさん食べて大丈夫なんですかね(汗)

喉が焼けそう(゚◇゚)

ミャンマー出身の森崎ウィンさんは、ミャンマー語と英語と日本語が話せるトリリンガル!

でもその裏には日本語が話せなくてツライ時間を乗り越えた過去がありました。

今でもミャンマーの言葉は話せますし、逆に、日本語はこっちに来てから勉強しました。

最初は「ウィンです」「ありがとう」くらいしかしゃべれなかったので、国語の時間は僕だけ別の教室に行って、日本語を教えてもらっていました。

そんな状況だったので、正直、いじめみたいなこともありました。ただ、その中でも、自分のことながら「小学生の自分、よく頑張ったな」と思うくらい、そういうものに負けず、毎日立ち向かってたんですよね。

引用:Yahoo!ニュース

言葉が通じないというのはとても心細かったと思います。

それを乗り越えたからこその今があるんですね。

森崎さんは中学生の時にスカウトされて芸能界に入り、2008年にダンスボーカルユニットのPrizmaXに加入。

私はてっきり俳優さん1本で活動している方なのかと思っていました!

PrizmaXでは作曲を中心に作詞も担当してるんです。

森崎ウィンさんが特に注目を浴びるようになったきっかけは2018年4月20日に公開されたスティーブン・スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー1』で主要キャストであるトシロウ・ダイトウ役を演じたこと。

この作品で森崎ウィンさんはハリウッドデビューを果たしました!

ハリウッドデビュー前からドラマや映画に出演していましたが、ハリウッドデビューしたことでバラエティー番組などへの出演が増えたとご本人も語っています。

ゴジラ!!ガンダム!!

▼レディ・プレイヤ1がーU-NEXTで動画配信開始されました▼

U-NEXTの登録方法と解約方法を解説!韓国ドラマもマンガも読める!こんにちは、ちむちむです! 今回は動画配信サービス『U-NEXT』の登録方法や解約方法について解説していきます! それとあわ...

PrizmaXでの森崎ウィンはどんな感じ?

私は森崎ウィンさんを俳優さんだと思っていたので、PrizmaXというグループのことも知らなかったし、森崎さんが歌たり踊ったりする姿も全く想像できなかったのですが、動画見てみたらめちゃくちゃカッコいいですね(*´∀`*)

作曲や作詞も担当しているといことで、ギターも上手です!

英語で歌うとかカッコ良すぎて反則ですよーーΣ(゚∀゚ノ)ノ

PrizmaXや森崎ウィンさんのファンの方はこんなに有名になってしまって少し複雑な心境なのかな?と思ったりしています。

人気がでるのは嬉しいけど、遠くへ行ってしまう感じ(´;ω;`)?

森崎ウィンの出演作品

スピルバーグ監督の映画に出演されたことで知名度が一気に上がった森崎ウィンさんですが、それ以前にもドラマや映画、舞台で活動されていました。

2012年には尾崎豊さんの追悼映画『シェリー』で初主演を務めました。

ドラマ

  • 東京少女桜庭ななみ
  • 学校じゃ教えられない!
  • ごくせん卒業スペシャル
  • 仮面ライダーW
  • 天の方船
  • 名もなき毒
  • 東京女子図鑑

映画

  • ごくせん THE MOVIE
  • パレード
  • 書道ガールズ!!私達の甲子園
  • 怪談レストラン
  • 天国からのエール
  • 闇金ウシジマくん
  • シェリー
  • 鬼談百景「追い越し」
  • マイ・カントリー・マイ・ホーム
  • レディ・プレイヤー1
  • クジラの島の忘れ物
  • 母さんがどんなに僕を嫌いでも

森崎ウィンさんは10年以内にアカデミー賞を獲ることを目標に演技の勉強もしていて、アクションシーンの多い作品に出たいという思いもあるんですって。

ハリウッド作品へもっと出たいという思いがあるので、今後もオーディションに挑戦していくのでしょうね(*´∀`*)

でも日本のドラマでも活躍することろを見たいです!

さいごに

森崎ウィンさんはダンスボーカルユニットPrizmaXで音楽活動をしながら俳優としても活躍している笑顔の素敵なイケメンさんでした!

私は『レディー・プレイヤー1』をまだ観ていなかかったのですが、かっこよすぎるしスピルバーグ監督が日本の為に作ったと語っているので、これは観なきゃダメなやつだと思いました(*´∀`*)

声優としての森崎ウィンさんはどんな感じなのかも気になりますね♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

テキストのコピーはできません。