☆気になる情報ブログ☆
ドラマ

ぎぼむす綾瀬はるかのメガネのブランドは何?アタッシュケースも気になる!

こんにちは、ちむちむです!

2018年7月10日からスタートした『義母と娘のブルース』

綾瀬はるかさんの演じる岩木亜希子のキャラが強烈で、早くも話題になってますね。

綾瀬はるかさんはドラマの中でメガネをかけ、シルバーのアタッシュケースを持ち、スーツでビシッと決めたバリバリのキャリアウーマンを演じています

今回は綾瀬はるかさんがドラマの中で使用しているメガネとアタッシュケースがどこのブランドのものなのか調べてみました!

義母と娘のブルース(ぎぼむす)綾瀬はるかのメガネブランドは?


『義母と娘のブルース』の中で綾瀬はるかさんは、常に仕事のことを考えているキャリアウーマンを演じています。

もしも現実にいたら『ちょっと怖いを通り越して逆に面白い』と思うかもしれない(笑)

仕事ができる人=メガネのイメージがありますよね。

綾瀬さんもメガネをしてることでより一層「仕事ができる感」が増しています。

メガネのブランドは「ic!berlin(アイシーベルリン)」というドイツのブランドです。

ic!berlin(アイシーベルリン) メガネフレーム Heidelbeere(ハイデルベーレ) 義母と娘のブルースで綾瀬はるかさんが着用しているメガネ

綾瀬さんがドラマの中でかけているのはHeidelbeere(ハイデベーレ)というモデルのメガネフレームです。

一見フルリム(レンズの外周がフレームで囲われているタイプ)に見えますが、ナイロール(下側がフレームがなく糸でつっているタイプのこと)のようですね!

ドラマで使用しているのはテンプル通常のものに交換した特別仕様になっているとのことでした。

ナイロールタイプのメガネはメガネを目立たせたくない人が使うことが多かったり、シャープな印象を与えるので丸顔さんにぴったりのフレームなんです。

こちらのフレームは黒でシャープな印象を際立たせていますね。

色が茶色や薄い赤だったら、もっと柔らかい印象になるはず!

ちむちむ
ちむちむ
私、実は元メガネ屋スタッフなんです(笑)

ドラマで採用されるメガネは専門家が選んでいると思うので使う俳優さんに似合っている物を使っている印象です。

タレントさんやドラマの出演者にメガネを選フィッティングするグラスフィッターという職業があるのですが、日本には「森一生さん」1人しかいません。

義母と娘のブルースのメガネも森さんが選んだものなのか、わかり次第追記したいと思います!!

綾瀬さんはメガネがとても似合いますよね。

以前出演していた「きょうは会社休みます。」でのメガネ姿も記憶に新しいです。


義母と娘のブルースとは印象が変わりますね!

義母と娘のブルース(ぎぼむす)綾瀬はるかが使ってるアタッシュケースは?

女性がアタッシュケースをビジネスバッグにしているのを実際の生活の中で見たことがなかったので、ドラマの中で綾瀬はるかさんがアタッシュケースを使っているのをみて少しビックリしました(笑)

女性が使うのもありなんだなって。

ドラマ内で使用されているアタッシュケースはRIMOWA(リモワ)のものだと思います!

なんか現金がたくさん入ってそうなケースですよね(笑)

スポンサーリンク

さいごに

ドラマ内で綾瀬はるかさんが使用しているメガネとアタッシュケースの紹介でした!

にゃー
にゃー
ほわほわしてるイメージの綾瀬はるかさんがメガネでこんなに印象が変わるなんてびっくり!
ちむちむ
ちむちむ
物語も衝撃のストーリーになってるし、見逃せないね!
義母と娘のブルース原作結末ネタバレ!竹之内豊が結婚した衝撃の理由!こんには、むちむです! 「義母と娘のブルース」始まりましたね! 1話を見てまず思ったのが「宮本良一(竹之内豊)」と「岩本亜希...
テキストのコピーはできません。