☆気になる情報ブログ☆
ドラマ

メゾンドポリスの原作あらすじネタバレ!ドラマはシリーズ化するの?

メゾンドポリスの原作あらすじネタバレ!ドラマはシリーズ化するの?-min

こんにちは、ちむちむです!

2019年1月から金曜夜10時の枠で放送が決まったドラマ「メゾン・ド・ポリス」

高畑充希さんが主人公で、元刑事のおじさまたちと事件の解決に奮闘する物語です。

今回はドラマ「メゾン・ド・ポリス」の原作である「メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス」のあらすじを紹介したいと思います!

メゾン・ド・ポリス退職刑事のシェアハウスのあらすじ

ドラマでは以下のように配役が決定しています。

  • 牧野ひより 高畑充希
  • 夏目総一郎 西島秀俊
  • 高平厚彦  小日向文世
  • 藤堂雅人  野口五郎
  • 迫田保   角野卓造
  • 伊達有嗣  近藤正臣

超豪華な俳優さんたちが出演されるので、ドラマの放送も楽しみすぎます!!

それではあらすじを紹介します。

ある日、ネットに男性が生きたまま火をつけられる動画がリアルタイムで配信された。

その男性は命を落とし、動画のことは事件として報道された。
その事件すさまじさもさることながら、4年前に起こった事件を彷彿とさせるものでもあり、世間は激震した。
生きたまま被害者に火がついて、踊り狂うように苦しむ様から「デスダンス事件」と呼ばれた事件だ。

しかし「デスダンス事件」は犯人が捕まり解決したはず。
となると模倣犯かとざわめく刑事たち。

しかし捜査本部は停滞し、第二の犯行が起こるのではないかと不安も広がっていた。

その捜査本部には刑事になったばかりの牧野ひよりもいた。

ひよりは努力して刑事になったものの、いまだ刑事らしい仕事もできず勢いばかりを持て余していた。

ひよりは本家「デスダンス事件」の担当者だった夏目惣一郎に会いにいくよう上司に言われ「メゾン・ド・ポリス」に向かう。

「メゾン・ド・ポリス」は退職警官たちがシェアハウスしている、古いけれどもおしゃれな洋館だった。

「メゾン・ド・ポリス」には元事務方の高平、元科警研の東堂、元キャリアの伊達、元刑事の迫田と、刑事を辞めた夏目が暮らしている。
退職したの高齢四人と比べると、夏目はおじさんではありますが、まだまだ現役といっても不思議ではない年齢だった。

ひよりは今回起こった、模倣「デスダンス事件」の協力を夏目にお願いするが、夏目はもう刑事ではないと取りつく島もなく冷たく断る。

しかし「メゾン・ド・ポリス」の中では若手の夏目。
もう警察をやめた人間しかいないシェアハウスとはいえ、みな元は警察。
先輩の言うことには逆らえない。

他の住人たちが夏目にとりなし、夏目は重たい腰をあげるのだった。

刑事を辞めた夏目はとても優秀な人材だった。
そんな夏目がシェアハスウスの雑用係として過ごしていることに、同居人たちは心配してもいた。

ひよりは夏目と即席チームとなり、事件を調べ始める。

新米のひよりだが、夏目や他の退職警官たちの指導により模倣「デスダンス事件」の真相にたどり着くことができた。

それは”被害者が自ら命を絶つために「デスダンス事件」を自作自演して、誰かのせいに見せかけようとした”ということ。

夏目の指摘や他の「メゾン・ド・ポリス」の面々の経験値からくるすごさをひよりも実感した。

模倣デスダンス事件をきっかけに、ひよりは「メゾン・ド・ポリス」の面々と次々と事件を解決していくことになる。

そしてひよりも、ただの新米から、先輩たちの教えを受け一人前の刑事に成長していくのだった。

事件を一緒に解決していくうちに、お互いの事情を少しづつ話すことになったひよりと夏目。

夏目は現役と言っても不思議ではない年齢。
そして事件を通しても、ひよりの上司も「メゾン・ド・ポリス」の面々も、夏目の刑事としての能力に一目置いていることは明らかだ。

それなのになぜ辞めてしまったのか?
ひよりは疑問に思う。

夏目はかつて追っていた事件で池原という男を、厳しい取り調べの末に自ら命を絶たせるまでに追い込んでしまったのだ。

池原が絶対に事件の真相を知っていると睨んだ夏目は、池原に事件の秘密を吐かせようとしましたが、追い込まれた池原は命を絶ってしまったのだ。

池原がなんらかの理由で真相を口にできなかったこと、それをきちんと調べられなかったことを夏目は悔いていた。
夏目はそのため、警察を辞めたのだった。

夏目はいまだ池原の墓を頻繁に訪れ、必ず真相を世に出したいと考えていた。

しかし池原の妻は、そんな夏目を長い間激しく憎んでいたのだ。

そんな池原の妻が、真相を世に出したいという思いを遂げてほしいとやってくる。
池原の妻は余命宣告をされ、もう先は長くないと。

自分が生きている間に真相を世に出して欲しいと請われ、夏目は奮起するのだった。

一方ひよりの父は、10年前失踪していた。

父親がいなくなるわけがない、と言う気持ちと裏切られたと言う気持ちが混在し、ひよりの中では未だ整理がついていなかった。

ひよりは、夏目の追っていた事件に関係する会社が、父親の勤め先であることに気がつく。

ひよりの父親の失踪年と、夏目が追っていた事件の年数にはずれがある。
しかしひよりの父親の失踪には不自然さが残っていた。

なにか手がかりを探すため、ひよりは父の書斎を調べUSBメモリを見つける。
やはりひよりの父親は、夏目の追っていた事件と関係があるのだろうか。

ひよりはUSBメモリを夏目に届けるべく「メゾン・ド・ポリス」へ向かった。

しかし、ひよりはその途中で正体不明の人間たちに連れ去られてしまう。

ひよりが行方不明になり、夏目の元へひよりを預かっていると知らぬ人物から連絡が入った。
おそらく夏目の追っていた事件の関係者と推測するが、その正体は不明。
慌てる夏目たち。

しかし、敵はどうやらUSBメモリを夏目が持っていると思っているようだ。
それに気がつき、夏目と「メゾン・ド・ポリス」の面々は、なんとかひよりを救い出すのだった。

ひよりの父と、夏目の事件、はたしてどのように関係があるか?

夏目の追っていた事件、そしてひよりの父のこと、本当の黒幕はまだわからないままなのだった。

実はひよりのお父さんの事件は「メゾン・ド・ポリス退職刑事のシェアハウス」の中では解決してないのです( ゚Д゚)

でも2018年10月24日に発売された「メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視」でひよりのお父さんの事件は解決します!

「メゾン・ド・ポリス」は退職警官たちおじいさんと、新人でちょっとまだ猪突猛進なひよりの掛け合いが楽しいユーモアミステリーです。

全体的にライトで重たくないですが、ネットを使ったような現代の世相を反映している事件もあります。

犯人たちの動機は日常生活に潜む、一般の人が事件を起こしてしまう可能性があるようなものばかり。

だけど読みやすく重さがありません(^^)

またキャラ立ちがしっかりしているので、登場人物は連作短編集のわりに人数が多いと思いますが、混乱せずに読むことができます!

構成は短編集ですが、その中で主人公コンビのひよりと夏目の個人的なストーリーも追いかけていくので、楽しく読み進められます(^^)

ドラマ「メゾン・ド・ポリス」はシリーズ化するのか?

「メゾン・ド・ポリス退職刑事のシェアハウス」だけではひよりのお父さんの事件は解決されないんです。

原作の続編「メゾン・ド・ポリス2退職刑事とエリート警視」が発売されているので

  1. ドラマで小説2冊分のお話を混ぜてひよりのお父さんの事件まで解決させる可能性(1作品で完結)
  2. ドラマ「メゾン・ド・ポリス」が1作品で終わらずにシリーズものとして続く可能性(シリーズ化して2も放送)

2つの可能性が考えられるなと思いました!

私としてはシリーズ化して2もドラマで放送してほしいなと思っています(*’ω’*)

高畑充希さんとおじさま達が協力して事件の解決に頑張る姿、ひよりたち登場人物を決定した出演者さんで脳内変換して想像してみても面白いですもん!

私はおじさまの中では特に近藤正臣さんが好きです(*^^*)

みんな好きだけど、誰かひとりって言われたら近藤正臣さん!

西島さんはおじさまには入りません(笑)

スポンサーリンク

さいごに

ドラマ「メゾン・ド・ポリス」は絶対面白いドラマになると思っています(*’ω’*)

近年大活躍中の高畑充希さんと、”おじさま”俳優さんたちがどんな演技を見せてくれるのか楽しみでしょうがないです!

そしてシリーズ化希望♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

テキストのコピーはできません。