ドラマ

ルパンの娘原作の結末はどうなる?ネタバレ!超おもしろいと評判です

ルパンの娘結末はどうなる?原作ネタバレ記事です。
※注意!!!
ルパンの娘の結末を知りたくない方やネタバレやめて!という方は見ないでください。

深田恭子さん主演のドラマ「ルパンの娘」がスタートします。

前回ルパンの娘【ドラマ】あらすじと原作の評判は?最後はどうなる?

ドラマのあらすじについて書きましたが、今回は結末と原作ネタバレしてしまおうと思います!

【放送日】2019年7月11日の木曜夜10時~フジテレビ系ドラマ「ルパンの娘」

ちむちむ
ちむちむ
ルパンというよりレオタードっぽい衣装が「キャッツ・アイ」のように見える。

では、さっそくルパンの娘ネタバレしていきます。

ルパンの娘原作の結末ネタバレ!

原作である小説は、三雲華の目線と桜庭和馬の目線が交互に繰り返される形で
物語は進んでいきます。

三雲華は、先祖代々家業が泥棒という伝説の泥棒一家の娘でした。
華自身は基本的には泥棒はやっておらず、図書館司書としてまっとうに働いています。
彼女には、桜庭和馬という交際中の恋人がいました。

一方、桜庭和馬は、家族が全員警察官、ペットまで警察犬という
筋金入りの警察一家の息子でした。

華が、家業について隠して交際していたのはもちろんのことですが、
和馬の方も、警察一家であることは華に隠して交際していました。

どうやら、家族が全員警察官というのは、
交際相手から嫌煙されるそうなのです。
というわけで、二人はお互いの家業を知らないまま、
1年間ほど交際していたわけですが、結婚を意識し始めた和馬は、
華を自宅に招待し、家族の職業をカミングアウトします。

和馬の家族が皆、警察官だったことを知り、華はおそれおののきます。
華は和馬のことはすごく好きだったのですが、
和馬とは近いうちに別れないといけないと覚悟をするようになりました。

そんな矢先、華の祖父の巌が顔が潰された状態で殺害されました。
どうやら、
巌は立嶋雅夫という人物として亡くなることを選んだようです。

和馬は警察官として、この事件を追っていました。捜査をする中で、
和馬は、殺害されたのは立嶋雅夫ではないということを突き止めます。

程なくして、それが華の祖父であることも確信します。
華の自宅が空き家であることに気付いたり、
華の母親が貴金属専門の泥棒である証拠をつかんだりしたことが
きっかけでした。

さらに華の一族が泥棒一家として有名なLの
一族であることまで知ってしまい、
和馬は辛い思いを抱えつつも、華と別れることを心に決めます。

和馬に別れを告げられた日の夜、華は、
和馬が警察であったことと自分たちが泥棒一家で
あることがばれたことを家族に話しました。

三雲一家は自分たちの身を守るため、離散して、
それぞれがひとりで生きていくことになりました。

広告

ルパンの娘原作結末はどうなる?

ルパンの娘、原作の結末!

二人が別れてから一年の月日が流れました。
和馬は、華でないなら誰と結婚しても同じだと自暴自棄になっているところもあり、
別の女性と結婚しようとしていました。

華は、図書館司書を辞め、居酒屋で働きながら、ひっそりと暮らしていました。
もちろん、新しい恋をすることもなく、
和馬への思いを引きずっていました。
そんな華を救うため、一年ぶりに三雲一家は集まりました。
そして結婚式から新郎である和馬を盗む計画を華の両親と兄が立て始めました。

華の両親は、和馬の結婚式の日、彼を拉致しました。
困惑していた和馬でしたが、そこに巌殺しの真犯人がわかったという連絡が、
突然和馬の携帯に入りました。

しかも、その真犯人は、和馬の結婚式の参加者であるらしいのです。
和馬は、華の両親と協力をして、
犯人確保のため動き始めました。

真犯人は、和馬の同僚の巻でした。和馬は、
結婚式場のモニターで実況中継しながら、巻を追い詰めます。

50年前、巌は、和馬の祖父母である和一や伸枝と友人関係でした。
しかし、伸枝は何者かに突然襲われ、額に大きな怪我を負いました。
巌は、その時の暴行犯を探すためにスリ師になったのでした。

そうしてついに、伸枝を襲ったのが、
巻の祖父の栄輔であることを巌と和一は突き止めます。

しかしそこにいろいろと事情が絡み合い、巻まで絡んできて、
巻が巌を殺害してしまいました。…が、実は巻が殺害したのは、

巌ではありませんでした。殺害されたのはやはり立嶋雅夫であり、
巌は生きていたのです。

実は、最初から、和馬と華の出会いを仕組んだのは、
巌と和一でした。
和馬と華は一緒に暮らすようになり、華が妊娠したところで、
この物語は終わります。

ちむちむ
ちむちむ
原作の結末とドラマの結末が同じになるのかが見所です。

ルパンの娘原作結末を読んだ感想

この「ルパンの娘」という作品には、
非常にたくさんの人物が登場します。祖父母、両親、兄と一緒に暮らす華と、
祖父母、両親、妹と一緒に暮らす和馬。
二家族のメンバーはそれぞれがとても個性豊かであり、

魅力的です。家族は、和馬と華の交際についてそれぞれが違った立場と考え方を持って、
見守っています。登場人物がこれほど多いにも関わらず、キャラクターの個性がかぶったり、混乱するようなことはなく、
本当に自分の目の前に二組の家族がいるような錯覚を起こすほど、
どんどん物語の世界に惹き込まれていきました。

この物語には、さまざまな要素が組み込まれています。まずは、
和馬と華のラブストーリー、さらに華の祖父の巌の事件を巡るミステリー、
そして家族の愛の物語、どの視点から見ても小説としておもしろく、
あっという間に読み終えてしまいました。

横関大さんの小説は、八方丸くおさまるハッピーエンドで終わることが多いのですが、
この「ルパンの娘」も例外なく、爽快感のあるきれいな終わり方をしました。
和馬と華が結ばれるというだけではなく、

ちむちむ
ちむちむ
実は巌が生きていたという結末には、
「おぉっ!」と思わず歓喜の声が漏れてしまうほど、興奮しました。

【ルパンの娘みんなの感想】

とにかく「おもしろい」という感想が多い!
ドラマに期待が高まります。

誰もつまらないと書いてる人がいない。

深田恭子さん主演ルパンの娘
今から楽しみです♪

以上、ルパンの娘原作ネタバレでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。