☆気になる情報ブログ☆
ドラマ

獣になれない私たち3話あらすじネタバレ!朱里がありえないしムカつく!

朱里がありえないしムカつく!

こんにちは!

「獣になれない私たち」第3話が放送されました!(*^o^*)

第2話では、元同僚に京谷と同棲されていると勘違いされ、落ち込む晶と、居候している元カノ朱里に引っ越して欲しいと申し立てるが、逆に攻められて何も言えない京谷。この2人がいったいどうなっていくのか!?

一方恒星は、現金の入った封筒を謎の男に渡され「少なっ!」とつぶやく。

このお金は一体なんなのか。

恒星の闇が見えてきましたね!

そして休みが明けて出勤した晶に待ち構えていたのは、営業事務からチーフ営業への昇格。

波乱の予感です!

今回は、3話のあらすじや感想を書いていきたいと思います!

獣になれない私たち3話あらすじ

謎の男が現金の入った封筒を恒星に渡す

「今年もよろしくお願いします」

恒星は、封筒の中身を確認し

「たかが300万で粉飾決済の荷担なんて・・」とつぶやく。

「大変ですね。お兄さん思いなばっかりに。」と謎の男は言い

「家族は大事ですからね。」と返す恒星。

その頃京谷は5tapでビールを注文していた。

居合わせた女性客の1人が5tapの一周年で出会った恒星にヒドイことをされたと愚痴っていた。

聞き耳を立てていた京谷は、その内容に飲んでいたビールを吹く。

そのタイミングで恒星が来店し、女は恒星をにらみつけながら店を後にした。

恒星に「彼氏?晶さんの」と話しかけられた京谷。

さっきの女の話が頭にちらついて、どぎまぎしながらも「そうです」と回答。

スーツケースをもった京谷に恒星は「出張ですか?」と質問し京谷はそれを否定。

「晶の家に泊まりに」と控えめに答えると「お泊まり?いいですね~」と恒星。

それに対して「家に問題があって・・」と京介が答えたところで晶が来店。

京谷に「特別チーフアドバイザー」に昇格したことを話しているところ、恒星は話に割り込み、「家で漏電したから帰れないの?」と京谷に問う。

恒星は京谷が家に帰れない問題とは漏電ではないかと思い聞いたが、京谷は晶がいるときにその話題を出され動揺する。

察した晶は気まずくなり、お酒を飲まずに京谷と退店。

2人は晶の家に向かい、家に入ったところで京谷は晶を抱きしめ安堵する。

2人が退店後、オーナーに先ほどの女のことを問われ、恒星は1周年記念の時に酔って晶のことを誘い、振られた後にその女を誘ったことをオーナーに話す。

「晶ちゃんのことキモいとか言っていたのに、ほんとはタイプなんじゃないの?」と聞かれ否定するも、なんで誘ったのかと聞かれると自分でもどうしてだか分からないといった反応をした。

次の日、晶は営業上野に「ECサイトのリニューアル」業務を手伝って欲しいと言われ、断ろうとするも落ち込む上野を見ると、結局断れず引き受ける。

部長は晶に「特別チーフクリエイター」の決定を言い放ち、上機嫌で会社を後にする。

晶は「グレたい」とつぶやく。

恒星のもとに、恒星の叔父が訪問してきた。恒星の行方をくらましたお兄さん「良太」の居所を突き止めてほしいと、恒星の母親から頼まれ探し出したことを恒星に話す。

叔父に、兄の借金を建て替えたのは恒星であること、母は兄が行方くらましたのは恒星のせいだと思われていると明かす。

一方晶は仕事後に呉羽のお店に立ち寄り服を購入。

恒星との馴れそめを聞くも、呉羽から誘っていた事実を聞き衝撃を受ける。

晶が仕事で悩んでいると思った呉羽は晶に喝を入れるが、晶が本当に悩んでいるのは京谷と朱里のことだった。

晶が帰宅すると、泊まりにきている京谷がご飯を作って待っていてくれていた。

ご飯を食べていると、京谷の母から京谷に電話が入る。

内容は「晶がお金に困っているのではないか」という質問。

京谷に仕送りで一緒に送った晶宛てのお酢がネットオークションに出品されていたことを偶然知り、電話をかけてきたのだ。

母は晶がお金に苦しんでいると解釈し心配していたが、お酒を出品にかけたのは朱里だった。

晶への疑惑はすぐに晴れたが窃盗の疑惑が上がり母は慌てて調べようとする。

朱里の存在を知られてはならないため京谷必死でそれを阻止する。

一方晶は、部長に立場の見直しを訴えようとするも、新案件のリーダーを押しつけられ抗議すると部長に憤慨され負けてしまう。

渡された新しい名刺には「特別チーフクリエイター」の文字。

晶は絶望する。

恒星はある会社に向かう。

昔の同僚と会い、監査法人にもどってこないかと恒星に問うも恒星は否定する。

その帰り道、恒星が乗った電車には晶がいた。

晶は駅のホームで柱にもたれかかり、電車を睨み付けて慌てるように電車に乗り込んでいた。

恒星は晶の様子がおかしいことに気づきながらも、電車を降りたあとに声をかける。

2人で5tapに向かっている途中、恒星は5tap一周年記念の日にほんとに晶を誘っていたのかと再確認する。

晶はそれを肯定し、当時の様子を語った。

一周年記念で盛り上がる店内の中、恒星は1人で飲んでいて、暗い雰囲気だった。

周りはそれに気にすることもなく、オーナーはヴィンテージビールを開封してさらに盛り上がったことを話す。

恒星もその話を聞いて思い出したようだ。

その頃京谷は自宅に戻り、朱里に転売したお酢を返せと言う。

しかしすでに転売済みと突き返されさらに朱里はうさぎを飼い始めたことを知り絶句する。

京谷は晶のいる5tepに来店し、晶に事情を説明する。

お先真っ暗な空気になっているところに呉羽が乱入する。

京谷を問い詰める呉羽に晶は京谷をかばうため事情を説明。

トイレに飛び出した晶を京谷が追うが、晶は「京谷にないがしろにされてる、ほんとは愛されてないと思っている」ことを京谷に明かし京谷をおいて店を出る。

出て行った晶を恒星が追いかける。

そこで恒星は、当時晶を誘った理由を思い出して話す。

恒星には、両親にも周りにも”人気者”だった兄がいることを明かす。

その兄は事業に失敗し借金を背負っていた。

5tapの一周年記念の日に恒星は兄の借金を肩代わりし兄はそのまま失踪した。

そんなとき、5tapでやけ酒をしていたら、”人気者”の晶に目が引かれ、嫌いだと思った。

だから誘ったと告白。

その答えに晶はショックを受ける。

一方、京谷は呉羽と一緒にタクシーに乗る。

「愛されていないと思っている」と晶に言われたことにショックを受けた京谷は呉羽に愚痴る。

すると呉羽は唐突に、京谷にキスをしたのだった。

獣になれない私たち3話感想

とくかくとくかく!!!

とにかく朱里の行動がなんなんだ(# ゚Д゚)

朱里も朱里で彼氏がいきなり知らない女に奪われて家も出て行けなんて言われたら悲しくなる気持ちはわかるけど・・・。

京谷もそこは申し訳なかったと思ってるから強く言えないでいるでしょうね(;・∀・)

晶も自分のせいで京谷と朱里は別れることになったわけだし、今の状況を嫌だと感じながらも受け入れてるのかも。

優しいと言うか、問題から目を背けているというか、微妙な感じですね。

でも突然ウサギ飼ってたりするのはどうなんですかね(^o^;)

しかもあのウサギを買ったお金は誰が出してるの!?

生活費も京谷持ちなんでしょうか?

謎すぎる。

晶と京谷の関係もぎくしゃくし始めました。

4年も元カノと住んでるとかありえない状況ですもんね・・・。

呉羽が正論を言っていて『いいぞ!もっとやれ!』って思ったし一番常識人なんじゃないかって思ったのですが、帰りのタクシーの中で京谷にキスしてたので多分違う(笑)

獣になれない私たち5話の感想はこちら
だんだん複雑になってきた!
獣になれない私たち4話あらすじ感想は恒星と晶が急接近?だんだん複雑になってきた!こんにちは! 「獣になれない私たち」4話が放送されました!(*^o^*) 3話では、恒星の兄の話が明かされ、5tap1周年記...
スポンサーリンク

さいごに

京谷と呉羽もなんだか始まっちゃうの!?な展開だったし、恒星と晶もちょっとずつ距離が近づいてきましたね。

晶は恒星の前では自分の思ってること何でも言えてるのにそれに気がついてないんですよね(;´∀`)

それに気がついたときが恋が始まるとき!?

4話も楽しみです♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

テキストのコピーはできません。