☆気になる情報ブログ☆
ドラマ

忘却のサチコ3話感想ネタバレは小林がついに登場!葉山奨之がイメージと合ってる!

忘却のサチコ3話 感想ネタバレは 小林がついに登場!

こんにちは、ちむちむです!

ドラマ『忘却のサチコ』3話にして、ついに登場した小林くん!

葉山奨之さんが演じています(^o^)

いい感じにムカつく(笑)

今回は忘却のサチコ3話のあらすじと感想を紹介します!

忘却のサチコ3話あらすじ

さらら編集部では、先輩編集部員たちが何やら編集長に抗議していた。

『電話取ったり資料集めたりするのって新人の仕事じゃないですか!それなのにあいつ・・・』

あいつとは新入社員の小林心一のこと。

先輩が電話に出ろと指導すると

『さっきは手が離せなかったので。忙しい時は仕方ないし、新人が電話に出る決まりって誰が決めたんですが?新人がやらなきゃいけないって理由はなんですか?』

と、反論してくる。

とにかく1言うと10返ってくる。

屁理屈ばかりだし、空気読めない系の若者だった。

悪気がないからタチが悪いと先輩たちは頭を抱えていた。

そこで編集長は”最終兵器”としてサチコに小林の教育係を任せることにした。

教育係を引き継いだサチコはさっそく小林の教育を始める。

すると小林は前任の教育係である大野の悪口を言い始める。

サチコは淡々と仕事について語り、小林に指導し始める。

屁理屈で反発する小林に対し、サチコは冷静に対応する。

口ばっかり動かして手を動かさない小林と横目に、サチコは黙々と手を動かすサチコ。

『私は先生の第二の目になろうと心がけています。様々な角度から資料を集め、思いもよらない角度から先生を刺激する。それこそが編集者の仕事だと考えています』

『なるほど・・・そういうことだったんですね』

小林はサチコの言うことを受け入れた。

編集者が恋愛上手じゃないといけないんじゃないか?と小林が心配していたとき

サチコは編集者が恋愛上手である必要はないと思っていると返したところ

『佐々木さんも恋愛下手そうですもんね』と言われてしまった。

動揺したサチコは急に立ち上がり、お昼休憩に出ていった。

小林の一言に怒りを覚えていることを自覚したサチコは、負の感情すべて食べることで忘却できるのでは?と考え、通りかかったインドカレーのお店でテイクアウト。

公演のベンチでカレーを堪能するサチコ。

辛さと美味しさで、サチコはすっかり怒りを忘れていた。

サチコは小林とともに大御所作家の有村の元に向かう。

小林は有村に本音で『先生の本は難しいんですよね』と言ってしまう。

『今の読者は気軽なものを好む傾向にありますよね』

『先生!先生が書きたいものを書くことが大事なのではないでしょうか?』

すかさずフォローを入れるサチコ。

しかしサチコの言動も少しずつ有村にダメ出しするような内容に変わってきてしまう。

有村は自分に素敵なパートナー(女神)が居ないことが執筆できなくなってしまったと嘆いていた。

それを聞いたサチコはジョンレノンの格好をして現れた。

さっき有村がジョンレノンにとってのオノヨーコのような存在がいたらいいのにと言っていたからだ。

でも結局、有村が書けない理由は自分にとっての女神が居ないことだけではないと言い出す。

最近の若者が自分が書いたものを読んでくれないのが悲しいというのだ。

そこで小林が有村に提案する。

『先生!SNSを使うのはどうでしょうか?』

『・・・やってみよう、SNSを』

『ケータイをお貸しください』

そう言うと小林は有村のスマホでSNSを設定した。

ノリノリの有村。

SNSで初恋の人を見つける人もいるし、元カノとつながることも出来る。

サチコは一瞬、俊吾とSNSで繋がりたいと思ったが

小林が元カノにしつこくSNSで付きまとわれて迷惑した話を聞きショックを受ける。

有村との打ち合わせを終えたサチコ。

自分が恋愛経験の少ない重たい女ということを知ってまだショックを引きずっていた。

小林と分かれ、1人刀削麺のお店に入った。

ツライ気持ちはカラいもので忘れようという作戦だ。

刀削麺のようにサチコのツライ気持ちも削られていく。

汗と一緒に嫌な気持ちも流れていった。

1人編集部に帰った小林。

有村先生がSNSを始めたことによって新しい作品の執筆にも前向きになってくれたと編集長に伝えた。

編集長はサチコと小林のコンビがなかなかイケると確信した。

サチコが編集部に戻るとデスクの上に小林からのメッセージ付きのいきなり団子が置いてあった。

”頑張ってください 小林”

それを見たサチコは

『何を頑張ったらいいんでしょう?』

不思議に思いながらもいきなり団子を食べて一息つくのだった。

忘却のサチコ3話に登場したグルメ

刀削麺がとっても美味しそうでしたよね(*´∀`*)

『陳家私菜(ちんかしさい)』というお店で、赤坂・渋谷・新宿・秋葉原・有楽町に店舗があります。

陳家私菜

サチコが行ったお店は赤坂店ですね!

刀削麺って食べたことないんですが、麺の弾力で”歯が喜んでる!”という表現をしていたのでかなり気になりました(*´∀`*)

歯が喜ぶ弾力。

食べてみたくなりますよね♪

スポンサーリンク

忘却のサチコ3話感想

いよいよ小林くんが登場しました!

葉山奨之さんがいい感じで空気読めない系モンスター新人を演じられていましたよね(^^)

私の感想として、イメージは合ってると感じました!

原作の小林くんはもうちょっとシュッとした顔してるので(それこそちょっと俊吾に似てる)違う俳優さんでも良かったかな?と思ったけど、屁理屈ばかりのモンスター新人という面で葉山奨之さんが合ってたと思いました(^^)

そしてサチコの今回のコスプレは可愛い系ではなく、まさかのジョンレノン!


話の流れからしてオノ・ヨーコのコスプレしに行ったのかと思ってたから『そっち!?』ってなりました(笑)

忘却のサチコは1話から物語が繋がってるし、毎回食べ物が美味しそうだし、俊吾もちょこちょこ出てくるので見ていて楽しいです♪

コスプレが毎回楽しみになってきました(^^)

次回はどんなコスプレするのでしょうか!?

忘却のサチコの小林心一役は葉山奨之!演技力やプロフィールが気になる!こんにちは、ちむちむです! ドラマ「忘却のサチコ」が2018年10月12日(金)からはじまります! ドラマスペシャルのときに...
忘却のサチコ主題歌のeddaってどんな人?世界観の秘密と人気曲も紹介!
忘却のサチコ主題歌のeddaってどんな人?世界観の秘密と人気曲も紹介!こんにちは、ちむちむです! 私が楽しみにしているドラマ『忘却のサチコ』の主題歌に、これまた最近気になっていたシンガーソングライター...

さいごに

原作だと小林くんが今後ちょっとかわいらしい後輩に変わってくるので、ドラマではどうなるのか?

そこが見どころになってきますね!

4話も楽しみです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

テキストのコピーはできません。